IC Markets30%入金ボーナス実施中!詳しくはこちら

分別管理・信託保全導入で信頼性抜群なTradeviewの顧客資産管理状況について徹底解説!

当ページのリンクには広告が含まれています。
Tradeviewの安全性について解説海外
  • URLをコピーしました!

最近、海外FX界隈はGEMFOREX破綻の話題で持ちきりですね。

せっかくFX取引で勝てても出金できなければ意味がありません。

分別管理・信託保全導入で信頼性抜群なTradeviewの顧客資産管理状況について徹底解説します!

目次

用語の説明

金融ライセンス

金融ライセンスとは、金融サービスを「業として」行う場合、当該金融サービス業(金融業)に対する参入規制または開業規制として必要とされる資格または手続をいいます。

https://www.businesslawyers.jp/practices/607

つまりFX業者も金融業に当たりますから原則、金融ライセンスが必要ということになります。

有名なライセンスといえば日本の金融庁のものなどがあります。

海外FX業者の場合、セーシェルやバヌアツなどの比較的取得難易度の低い「オフショアライセンス」を取得することが多いです。

ちなみに最近破綻した「GEMFOREX」もモーリシャス金融庁のライセンスを保有していたことからライセンスがあれば絶対安心というわけではないです。

分別管理

分別管理とは、顧客資産取引所資産分離することです。
そうすることによって、取引所の運営資金を顧客資産と同じ口座に入れられなくなるので取引所の運営に顧客資産が使われる心配はなくなります。

信託保全

信託保全とは、顧客資産取引所資産分離した上で顧客資産を第三者法人である信託会社または信託銀行に信託して管理されます。
顧客の資金は全て信託銀行に信託して管理されているため、FX会社が破綻したとしても、預けている資産は返還されます。

質問内容

質問内容としては

  • 分別管理制度は存在するか?
    存在する場合管理先の金融機関は公開しているか?
  • 信託保全制度は存在するか?
    存在する場合管理先の金融機関は公開しているか?
  • 民事賠償保険賠償責任保険などの保険に加入しているか?
    加入している場合、補償内容はどうなっているか
  • 補償基金(Financial Commission)に加入している業者の場合どのようなときに補償されるのか

大きく分けて4つの質問を主観的に見て主要といえる海外FX業者に質問を行いました。

Tradeview

tradeview
公式サイト

Tradeviewは日本人向けとしては、TradeView Ltdがケイマン諸島金融庁 (CIMA)から585163のライセンス番号で金融ライセンスを取得しています。
実際にケイマン諸島金融庁 (CIMA)のWEBサイトを確認したところ、Securities としてTradeView Ltdが登録されていることを確認することができました。

公式サイト
ライセンス

ケイマン諸島の主なライセンス取得条件としては

  •  $100,000の最低純資産要件
  • 毎年の会計監査を行う
  • 監査済み財務諸表は年次申告書とともに提出

などの必要があります。

他のオフショアライセンスと比較すると要件は少し厳し目ですがライセンスがあるだけでは確実に安全とは限らないので気をつけましょう。

ちなみにケイマン諸島の金融ライセンスを保有している海外FX業者は非常に少なく日本で知られているようなメジャーな業者はTradeviewのみとなっています。

Tradeviewの質問への回答

信託保全制度はありますか?

はい、万が一弊社が破たんした場合は、外部委託の資金管理機関による分別管理により資金は守られ、補償を受けることができます。

信託保全される補償金額は2パターンに分かれます。

  • Tradeviewのみ破綻した場合

    Tradeviewのみ破綻した場合の補償額に上限はありません。
  • Tradeviewと外部委託の資金管理機関が同時に破綻した場合

    1顧客につき3万5千ドルを限度に補償がなされます。
管理先銀行は公開されていますか?

アメリカの一流銀行で管理されております。

まとめ

・信託保全制度が導入されている
・分別管理制度ももちろん導入されているが管理先銀行は非公開
・監査情報をホームページ上で公開している

監査情報の公開についてホームページをチェックしてみると確かにFund Safetyという項目があり、ページの一番下に監査報告書が添付されています。

監査報告や財務報告を公開している海外FX業者は珍しく他ではExnessしか知りません。

顧客資金の透明性を上げるために頑張っていると好感が持てます。

やすひろとしては、信託保全も最低でも3万5千ドルはなされなおかつ監査報告書も公開しており、顧客資金の透明性向上に力を注いでいると思いました。

したがって、Tradeviewに口座開設するのは「アリ」だと思います!

以上、Tradeview顧客資産管理状況について徹底解説しました!

Tradeviewの安全性について解説海外

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次