IC Markets30%入金ボーナス実施中!詳しくはこちら

Titan FXの顧客資金はどうなっている?分別管理?信託保全?全部聞いてみた!

当ページのリンクには広告が含まれています。
Titan FXの安全性について解説
  • URLをコピーしました!

最近、海外FX界隈はGEMFOREX破綻の話題で持ちきりですね。

せっかくFX取引で勝てても出金できなければ意味がありません。

そこで主要なFX業者のライセンス状況と信託保全などについて調べてみました。

今回は調査第四弾<Titan FX>に焦点を当てていきます。

新規キャッシュバックボーナス
新規限定 キャッシュバックキャンペーン
目次

用語の説明

金融ライセンス

金融ライセンスとは、金融サービスを「業として」行う場合、当該金融サービス業(金融業)に対する参入規制または開業規制として必要とされる資格または手続をいいます。

https://www.businesslawyers.jp/practices/607

つまりFX業者も金融業に当たりますから原則、金融ライセンスが必要ということになります。

有名なライセンスといえば日本の金融庁のものなどがあります。

海外FX業者の場合、セーシェルやバヌアツなどの比較的取得難易度の低い「オフショアライセンス」を取得することが多いです。

ちなみに最近破綻した「GEMFOREX」もモーリシャス金融庁のライセンスを保有していたことからライセンスがあれば絶対安心というわけではないです。

分別管理

分別管理とは、顧客資産取引所資産分離することです。
そうすることによって、取引所の運営資金を顧客資産と同じ口座に入れられなくなるので取引所の運営に顧客資産が使われる心配はなくなります。

信託保全

信託保全とは、顧客資産取引所資産分離した上で顧客資産を第三者法人である信託会社または信託銀行に信託して管理されます。
顧客の資金は全て信託銀行に信託して管理されているため、FX会社が破綻したとしても、預けている資産は返還されます。

質問内容

質問内容としては

  • 分別管理制度は存在するか?
    存在する場合管理先の金融機関は公開しているか?
  • 信託保全制度は存在するか?
    存在する場合管理先の金融機関は公開しているか?
  • 民事賠償保険賠償責任保険などの保険に加入しているか?
    加入している場合、補償内容はどうなっているか
  • 補償基金(Financial Commission)に加入している業者の場合どのようなときに補償されるのか

大きく分けて4つの質問を主観的に見て主要といえる海外FX業者に質問を行いました。

Titan FX

公式サイト
公式サイト

Titan FXは日本人向けとしては、Titan FX Limitedがバヌアツ金融サービス委員会 (VFSC)から40313のライセンス番号で金融ライセンスを取得しています。
実際にバヌアツ金融サービス委員会(VFSC)のWEBサイトを確認したところ、Financial Dealers としてTitan FX Limitedが登録されていることを確認することができました。

ライセンス
ライセンス

バヌアツの主なライセンス取得条件としては

  • 法人代表者、株主、スタッフの身元調査
  • 担保の供託
  • 独立監査

などの必要があります。

他のオフショアライセンスと比較すると要件は少し厳し目ですがライセンスがあるだけでは確実に安全とは限らないので気をつけましょう。

ちなみにバヌアツの金融ライセンスを保有している海外FX業者はほかに「ThreeTrader」などがあります。

TitanFXの質問への回答

信託保全制度はありますか?

はい、「完全分別管理」ポリシーを採用しており、お客様からお預かりした資金は、常に顧客信託口座に現金で保管されています。
また、大変恐縮ながら、現在具体的な金融機関名は公開しておりません。

信託保全される範囲(顧客の元金、利益分など)をお教えください。

信託保全につきまして、確定している利益であれば保証の対象となり、 上限金額はございません。

貴社においてはFINANCIAL COMMISSIONの補償基金制度に加入されているということですが万が一貴社が破綻した場合、当該補償基金によって顧客の資金は保証されますか?

弊社の補償につきまして、弊社に対して苦情を申し立てられた場合、外国為替およびCFD市場のブローカーとトレーダー間の紛争規制を専門とする独立した組織である金融委員会 (The Financial Commission)にてお客様に有利な採決結果となり、万が一弊社がこれに従うことを拒否した場合に最大20,000€を補償する制度となります。

まとめ

  • 管理先銀行は「非公開」だが完全分別管理・信託保全がなされている。
  • 万が一Titan FXが破綻した場合には入金額並びに確定運用損益、未決済時の評価損益が補償の対象となり上限はない。
  • FINANCIAL COMMISSIONの補償金は破綻時には対象外。

今回の調査で思ったことはFINANCIAL COMMISSIONに加盟することでよりTitan FX社の資産保護の透明性を上げる目的があるのかもしれません。

なお、FINANCIAL COMMISSIONはTitan FX社と顧客の間でトラブルが生じた場合Titan FX社に非があった場合、最大20,000ユーロの保証金が支払われることとなっていますがこの補償金は万が一Titan FX社が破綻した場合は対象外ですのでご注意ください。

Titan FXは完全信託保全で、なおかつFINANCIAL COMMISSIONにも加盟していることからTitan FXに口座を開設するのは信託先銀行が非公開の面を差し引いても「アリ」だと思います。

ちなみに、Titan FXの顧客資産の管理については「提携銀行情報と資金管理セキュリティ」ページにも詳しくのっているので参考にしてみてください。

以上、主要海外FX業者の分別管理や信託保全について聞いてみた!第四弾<Titan FX編>でした!

新規キャッシュバックボーナス
新規限定 キャッシュバックキャンペーン
Titan FXの安全性について解説

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次